要求開発宣言

ISR要求開発宣言

ISR要求開発宣言



ビジネス戦略に直結
お客様から言われたとおりの要求に応えるだけでは、お客様の価値を最大化できないと考えています。 お客様の戦略を見える化し、理解し、そして解をチョイスしていく中で ITシステムのあり方を提案することを目指します。 そこでは、右図のように目的(what)と手段(How)の連鎖を重要視していきます。
   ビジネス戦略に直結図


お客様とコタツモデル構築
要求開発の実現には「コタツモデル」という関係構築が不可欠です。コタツに3つのロールを座らせてチーム化していくことから要求開発はスタートします。 このロールは、「トップの視点」「現場の視点」「ITの視点」で構成され、3者の視点によって 真の要求を描いていくことがシステム開発のはじまりと考えています。 ISRはITの視線でコタツモデルに参加し、3つのロールをまとめる役割を担います。
   お客様とコタツモデル構築図


新たなITビジネス開拓
ISRのビジネスは受託開発が中心でした。そこで蓄積した知識やノウハウは、「超上流で活かすことで価値が高まる」と 要求開発を通じて認識しました。 今後は、要求開発の中で、この蓄積した技術力を活かせるよう自社内で意識改革を行います。それにより、お客様のビジネス企画段階から、的確なToBeを 描く技術スキルへと 磨きをかけ、既存のビジネスの活性化を図りつつ、新たなITビジネスを開拓していきます。


高付加価値な説明責任
要求開発の導入により、ソフトウェアを「経営者」「業務担当者」「開発者」それぞれの観点で、価値と構造をセットで説明可能になる技を 獲得し、ソフトウェアの導入根拠となるビジネスも説明できる次世代のIT企業を目指していきます。