製品・ソリューション
  • ERPソリューション
  • スーパーエッグリテイル
  • スマートオーダーシステム・スマオー
  • AS400プログラム開発ツール
  • Systemiについて
AS400 オブジェクト管理ツール AS400プログラム開発ツール
・オブジェクト/ソースメンバー チェック処理
オブジェクトとソースライブラリを指定し、ソースやオブジェクトの存在有無、 ソースとオブジェクトのコンパイルレベルの確認、同一ソースが複数ライブラリに 存在しないかをチェックし、その結果をリストに出力します。
複数のライブラリでソース管理(履歴管理)を行っている場合、どのライブラリの ソースを基にオブジェクトが作成されているかを確認する事が可能になります。

・プログラム使用ファイル一覧処理
各プログラムで使用するファイルのCRUD表を出力します。
CRUD表【I:入力ファイル、U:更新ファイル、O:出力ファイル、A:追加、C:画面ファイル】
対象プログラムはRPGが前提となるが、ファイルの変更に伴う影響度の判別が可能になります。

・ソースメンバー比較チェック処理
複数ライブラリに存在する同一ソースの存在有無、更新日が異なるソースを チェックし、その結果をリストに出力します。
同一ソースが複数ライブラリに存在する場合、最新版のソースを確認する事が可能に なります。

・修正ソース一括コンパイル処理
変更日付、または全てのソースに対して一括コンパイルを行い、その結果をリストに 出力します。
DB、画面、帳票も含めた一括コンパイルが可能で、帳票に関しては、コンパイル時の パラメータを指定する事が可能です。また、DBや画面、帳票のコンパイルでエラーと なった場合は、それを使用しているプログラムはコンパイルしない抑制機能もあります。

開発言語:RPG
プラットホーム:AS400
担当:工藤